乳酸菌 チョコレート

乳酸菌が入ったチョコレート

乳酸菌が入ったチョコレート

最近スーパーやドラッグストア、そしてコンビニでも見かけることのある「乳酸菌」の文字。
それは、乳酸菌入りのチョコレートや、食べるマスクである乳酸菌。
皆さまも見たことありませんか?
何だか、菌が入っているとお腹の中で何かがうようよと動くような気がするから嫌だなんて人もいるかもしれませんが、実はこれらの商品、結構ヒットしているようです。
その理由の一つに、いつでもどこでも手軽に乳酸菌が摂れるのが便利という点があります。
特に、チョコレートはもともと人気だったのが、最近は様々な効果が宣伝されてさらに火が付き、ちょっと高価なチョコレートでも売れているので、乳酸菌チョコレートもその一つですね。
ちなみに、ビフィズス菌チョコレートもあって、その日の気分や体調で変えて食べているなんて人もいるくらい人気の商品となっているようですよ。
ユカッピーは食べてみましたが、普通に美味しいと思いました。
乳酸菌が入っているからと言って、何か違和感があるとかはありませんでした。

 

 

しかし、チョコレートの中に乳酸菌って…効果は大丈夫なの?
半減したりしない?と信じられない気持ちもありますよね。
乳酸菌は目に見えるものではないので、いくら書いてあっても効果が出た!とわかりにくいのが残念なところではあります。
しかしながら、どうやら「チョコレートによって包まれた乳酸菌は1〜2時間後の乳酸菌の数が100倍も多かった」という結果が出ているそうで、チョコの中に!と考え付いたその発案者はなかなかユニークな人ですよね。
しかも、チョコなら常温で保存できて、賞味期限も1年程度。
これがヨーグルトなら冷蔵庫でせいぜい数週間となります。
そう考えると、申し分はないのかなと思いますが、チョコレートが食べられないという人もいますので、やっぱり多くの商品が必要となってくるわけなのです。
きっと今後も面白い乳酸菌入りの何かが出てくることを期待しています。

 

ちなみに、食べるマスクの方は、シールド乳酸菌が配合されていて、冬にぴったりの乳酸菌です。
乾燥がひどい冬に免疫力が落ちた体へ容赦なく入ってくるウイルス。
このウイルスから体を守るためのシールド(楯)乳酸菌なのだそうです。
免疫力を高めて、風邪やインフルエンザなどのウイルスを寄せ付けないからだを目指すためのタブレットタイプの乳酸菌ということでした。
味の方も、ヨーグルト風味でなかなか美味しかったのですが、私は1度購入してからは買っていません。
どちらかというと、乳酸菌が入っているヨーグルトの方が気に入っているからですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ